海外「素晴らしいエンディング」アニメ『フルーツバスケットThe Final』第13話(最終回)を見た海外の反応・感想まとめ

アニメ「フルーツバスケット The Final(2021)」第13話(最終回)を見た海外の反応をまとめました。

動画(シーズン1~ファイナルまでAmazonでも配信中。無料お試しあり)



以下、海外の反応です。






・素晴らしいエンディング。アニメで主人公が年老いた姿を見せるのは気になることがあるけど、この作品は素晴らしかった。シーズン1から最後まで見届けて本当に良かった。

・終わってしまったことが信じられません。とても心があたたまるストーリーでした。このシリーズは永遠に私の心の中にあると思います。

・まずこの傑作を完全に映像化してくれたトムスに感謝。正直、少女マンガはジャンルとしてはそれほど好きではないんだけど、この作品はまさに別格です。今回のリメイクは旧作を完全に凌駕していると思う。旧作ではシグレを正当化してたけど、今作ではアキトへのひねくれた愛情をうまく描いていたので、本当に安心しました。この傑作を生み出してくれた作者にも感謝。
 
・本当素晴らしい仕事をしてくれた。これほどまでに原作をうまく脚色した映像化はめったに無い。

・トオルとキョウが一緒にいるのがよかった。今まで見たアニメの中で最高のカップル。

・二人が最後まで幸せであることがわかってよかった。ファンの気持ちをよくわかってくれてる。二人が離婚したかもとか一人が早死にしたとか思わなくてすみます。このアニメの赤毛の人がみんなそうだったように。

・このアニメが最高のロマンスアニメであることは間違いありません。このアニメはすべてがよく考えられていて完璧です。文字通り全てに意味があり、すべてのキャラに好感が持てます。アキトでさえシリーズ最後には好感を持てるようになりました。トオルの話し方についても、私はいつも過剰に礼儀正しい話し方をすると思ってましたが、それにも理由がありました。アニメーションがとても良く、すべてのキャラの関係がとても純粋で愛らしい。音楽OPEDもとても素晴らしい。本当に大好きだから終わってしまってとても寂しい。フルーツバスケットは本当に“真実の愛”を生み出しました。

・絶対にこのアニメが恋しくなる。

・”愛が強ければ強いほど、別れは寂しくなる”ストーリーやキャラクターに惚れ込んでいただけに終わってしまうのはとても寂しい。ありがとうフルーツバスケット。

・美しいエンディング。偉大なロマンスアニメとして語り継がれるだろう。MyAnimeList(レビューサイト)で5位になっているのも不思議じゃない。

・マチがカケルを殴ったシーン最高(笑)キョウがサキをママを呼ぶのが聞きたかったな(笑)

・ユキがトオルに気持ちを伝えたのはとてもよかった。彼女は知る必要があった。


・完璧だった。私がこのシリーズで好きだった理由の一つが、このエピソードで強調されていました。それはトオルのような親切で誠実で温かい人が、周囲の人たちの人生をどのように変えていったかということ。彼女によって過去を乗り越え、成長し、未来を受け入れた。そしてその結果、彼女が深く愛されました。たとえ彼女と以前のように会うことができなくても、彼らは彼女のことを決して忘れないし、いつも彼女のことを思い出すでしょう。

・ユキとトオルの会話に涙。恋愛アニメでこういう三角関係はとても珍しい。リンがアキトを許さなかったのもとてもよかった。アキトが彼女にしたことは絶対に許してはいけない。

・これが10点満点の感覚か。

・キョウはトオルの友達に慣れないとね(笑)

・マチとユキはキョウとトオルよりもキス回数が多い(笑)そして師匠とハナ!!ただのジョークだと思っていました。最後には可愛い孫娘も!思わず笑顔になってしまいました。これが本当の意味での“ずっと幸せに暮らしたとさ”だね。

・少女マンガの1~2クール作品で“続きはマンガで”じゃなく、満足できる終わり方で最後まで映像化されたのが本当に新鮮。


・泣くのは早いぞ!2022年にスピンオフがくる!
※アニメ「今日子と勝也の物語」の制作が発表されました。

・こういう少女マンガもっと必要だと思います!懐かしく楽しめました(泣)

・恋愛アニメには全く興味なかったけど、最後まで見て本当に良かった。笑ったり泣いたりたくさんしましてとても楽しかった。名作の作者に感謝です。大好きな作品。

・(アニメが放送された)この三年間は素晴らしいものだった。

・ユキとキョウのあの短いやり取りが好き。卒業写真を一緒にとってたね。いつか学生時代の喧嘩を笑い話にしたりするのかなぁ。そういうの考えると親近感わくね。



以上です。

めちゃくちゃ評価高いですね。
MyAnimeListでもかなり高得点で少女マンガアニメでは唯一の9.0以上を記録したらしいです。
スピンオフアニメの制作も発表されたので、そちらも楽しみです。

高屋奈月(原著), 井端義秀(監督), 岸本卓(その他), 横山克(その他), 進藤優(デザイン), 石見舞菜香(出演), 島崎信長(出演), 内田雄馬(出演), 中村悠一(出演), 釘宮理恵(出演)

ソース: